こなから建築工房 徒然日記

建築散歩『軽井沢』①

皆様こんにちは

先日の土曜日にお付き合いのある建築家・工務店の方々と軽井沢の建築物をみてまわりました。
1日中笑いも絶えず、見学も順調でとて楽しい1日となりました。

まずは軽井沢駅で自転車を借りてヴォーリズ建築を目指します。
f0375155_11595463.jpg
『ギャラリー桜の木/中村 拓志さん』
アールの開口部が特徴でとても可愛らしい建物でした。
エントランスから奥のテラスまで直線の通路があり、視線の抜けがとても印象的でした。
f0375155_11574795.jpg
そのあとは順調に計画していたヴォーリズ建築を見てまわりました。
『その作風は、人を驚かせるかのような建築家の自己主張をよしとせず、建築依頼者の求めに相応しい様式を選択し、その応用と近代的な改善を施すことに努め、住み心地の良い、健康を護るに良い、能率的建物を目指しました。』(一粒社ヴォーリズ建築設計事務所さんHPより抜粋させていただきました)
とあるように決して目を引くわけではないのですが、振り返ってしまうような存在感は確かに感じられました。
凛とした雰囲気を感じさせるとても素敵な建物でした。
f0375155_11561847.jpg
f0375155_11560183.jpg
f0375155_07153264.jpg
f0375155_11572582.jpg
この日の軽井沢は4度ととても寒い日でした・・・薄着で来てしまい、自転車でさらに体を冷やされます。
そんな時に万平ホテルでミルクティとアップルパイで温まります。『ジョンレノンセット』
f0375155_11571732.jpg
計画にはなかったのですが、室生犀星 旧居がとても良いということで立ち寄ることに。
スケール感も佇まいも・・・一日中ここで過ごしたくなります。
設計は室生さんがされたそうで、木々を切らないよう配置したそうです。
濡れ縁の座る場所も決まっていたそうで背筋を正される空間でした。
f0375155_11563235.jpg
f0375155_11570613.jpg
f0375155_11571206.jpg
長くなってしまいましたので、後半の続きはまた次回にさせていただきます。

こなから建築工房 藤岡 正洋

[PR]
by konakarakenchiku | 2016-10-24 12:32 | 建築散歩
<< 薪ストーブ ふなばしアンデルセン公園 >>



四季の移ろいを感じ、時とともに美しくなる家づくり